サイキックアタックの正体。

b0271106_1524562.jpg


b0271106_1525594.jpg



意識、のお話はよく此処でも書いているけれど、今日はサイキックアタック(霊的攻撃)と、「実はこの世界の現実は全て私たち自身が作っているらしい」という意識に関することの、折合うところについて、考え て&書いてみよう。

我々自身が「意識」によって「意図」することで、現象界にある全てのものをプログラムセットしていると いう話はよく、近頃はとくに、時代が進んで来て解禁されたようで聞くようになっている。けれど、ここで いう「プログラムセット」はもちろん、現象界で自らをニンゲンという限定された存在だと思い込んでいる 私たちには、身に覚えのないものであり、つまり「意図して」筋書きを書いているのは、自分であって自分 ではない、転生を越えた魂=スピリットである。

自覚的に意図、設定することで現実が変わるという自己啓発的な話もある。それも本当で、宇宙の量子を動 かす。けれども、先祖から受け継がれて?きた家系にまつわるコードや、望ましく無い遺伝情報もあれば、 ヒーリングをあれこれとやっていると、個人の浄化の次には人類の集合エネルギーやら、ヒト種族の一員と して肉体的にはどうしても継承しているネガティブ要素などさえ、ヒーリング対象になっていくのも経験し ている。そんなレベルの所まで、「自分でセットしているのだから自分で責任持とう」と言われても、誰も が困ってしまう。そのポイントについては、フォローや救いが必要だ。

脳の稼働率7%という限界の中で生きている私たちには、「現実は自分の鏡だから自分で責任持て」と言わ れる以上の、説明と対処法が必要。

サイキックアタック・・「霊的攻撃」というと物騒な響きがあるけれど、実は、実際には攻撃しているつも りはなくても、誰かに対して批判的な感情を持つだけでも、それは相手のところにすす~っと飛んで行き、 一人歩きした分身のように、生き霊のように、相手のオーラに何らかの事を起こす。怒りであれば、かなり のダメージを与える。・・と書くとまるである種の呪いのよう。でもまんざら嘘ではなく、呪いだから当然 それは、相手のオーラを傷つけたり相手のオーラフィールド周辺で何らかの「嫌がらせ」をした後、自分の 所へ戻ってくる。

感じ易い相手であれば、たとえば良識のある(笑)エナジーワーカーであれば、状況を理解して何らかのコ ワザを使って相手の元へ、分身を丁重に・・帰す。けれど、普通の人であれば(本能的にヒトは来ているエ ネルギーを感知するので)何となく自分も相手への怒りを覚えたり、急に不信感を感じたりする。それが 元々、念を送り出した人の元へ再び飛んで行き、つまり感情アタックの連鎖、になってしまう。お互いのエ ネルギー波動が下がり、関係性も危うくなり、共有しているエネルギー場、グループ集合場にも影響を与え る。つまり、いいことは一つも無い!(笑)

感情は、自分自身の物事への反応を通じて自らを知る材料として、自分の中で味わいつくそう。感情を否定 するのはよくない。抑圧が、別の問題を産む・・シャドウセルフやパラレルを生み出してしまう可能性もあ る。自然な反応である感情は、自分でまずは認める。そして自分の中で味わいつくす。決して相手にはぶつ けない。ぶつけたっていいのだけれど(その人の人生だから)。けれど、怒りや嫌悪感や批判精神などネガ ティブなものであれば、必ずそれは、アタックとして相手を攻撃するし、当然ながら跳ね返って自分に戻っ てくる。。。自分が、あえて傷付いたり、オーラを損傷して運気を下げたり健康を害したりすることを望む 人は居るでしょうか?

・・居ませんよね。だから、感情は、相手にぶつけずに自分が味わうことで消化して、できれば透明な水に なるまで、濾過できればベスト。純化してしまう。そのプロセスは自分自身を知る作業であり、認めたくな いことでも自分で受け入れて呑み込み消化することで、純化が完成する。モヤモヤっと立ちこめていたエネ ルギーがなくなる訳だから、何が起きるかというと、相手がコロっと変わったり、嘘のように現実にあった 問題が消えて行く。

最後まで、100%の純化ができずに途中でギブアップ、続きからまた別の機会にがんばるよ・・と宇宙 に、ハイヤーセルフに告げる時があってもいい。だけど、できれば相手に怒りや批判を飛ばすことは避けた いもの。

そう、サイキックアタックとは、そんな風に、けっこう日常的に普通に繰り広げられている現象であり、何 か特別な呪詛をしかけて攻撃することを言う訳ではない。でも、今日書きたかったのはこの先のこと で・・・呪詛や生き霊も、上記のような日常的な感情のやりとりも全てひっくるめて、ではそのサイキック アタック、そのものをより深く識るには、対処するにはどうしたら良いかという話。

現象はすべて、スピリットとオーヴァーソウルがセットして、宇宙のコンピューターシステムを使って、 「ちきゅう・現象界」というネットワークを通じて、彼らの現象化した存在である私たちニンゲンが、どう 動くかというオペレーティングシステムのようなものとして、ディスクを送り込んだ結果であるという話は もう書いて来た・・(かな?あれ、気のせいかな?笑)

・・・ということは、サイキックアタックを受けている、或は受けてしまいそうな状況が生み出されるという現象の奥にあるものを見つけて、呑み込んで、消化して、純化&濾過してしまえばいいということ。その「奥」というのはたい ていが、自分が自分の力や才能や実力や活躍の可能性などを否定している場合や、過去生に由来するなら ば、権力にせよ霊能力にせよパワフル過ぎて人を傷つけたり、乱用した結果自分が窮地に立たされたりし た、痛い経験や深い反省などから、自分自身へのロックをかけているケースが多い。


相手が居るようで、実は居ない。それが、三次元マジック。

この法則がお腹に落ちると、全ての考え方が変わる。

けれど勿論、定着までに時間はかかる(何年、ゆっくりコースならば何十年とかかる)。そして、テストは たくさんやってくる。めげずに頑張ろう。笑  テストをしかけているのさえ、自分自身なのだから。。。

先日、予約の入っていたカルナレイキのセミナーを前に、テキストをおさらいしていたら、あるシンボルの 説明ページに、こんな文章があった。

「霊的攻撃に対処する一番よい方法は、このような経験は、自らを完全に知り、癒しを行うために我々自 身が自らのために、自身のなかに作り出したものだと受け入れることだという点を、忘れないでください。 」

・・しびれました。それ以上でも以下でもなく。その通りだと、ウンウンと頷いた私。

「攻撃」しているのが、自分自身だなんて。 この三次元という世界、とっても不思議。

そして多くの人が、その不思議で特殊な法則があることを知らず、現象を現実だと信じて生きていることが さらに不思議。恐らく宇宙でも、珍しい場所なのではないかしら。。。

そんなこの世界を体験しに来たのでしょうネ、みんな。

自分にとっての快適を見つけて、幻影に惑わされず、現象界だけに素敵な現象たちをクリエイトしていきた いものですね^^

Love and Grace,

画像上: 過去生からの不要な誓約や縛りを解除するという石、シャッタカイト。
http://www.lumiereblanche.net/crystal/130526shatta.html

画像下: 奥に隠れている自分の一部、成長を阻害しているものを見つけ出して解放へ導く石、レインボー オブシディアン http://www.lumiereblanche.net/crystal/130418ob.html
[PR]
# by energyandcrystal | 2013-07-02 01:58 | エネルギーの処方箋

スギライトの話−2「赦し」それは無限の創造の力

b0271106_2358978.jpg


前記事からのつづき。

広い愛、深い愛。それは受容という愛の行いへと昇華される。
ありのまま、あるがままの受容がうまくなされた時。それを「赦し」と言う。

他者にせよ、起きた出来事にせよ、それらへの自分自身の心の反応にせよ、ありのまま、あるがままを受け止め、あるいは受け流し、善/悪や好き(な結果)かどうかの判断をせず、まるまると飲み込み、お腹(第三チャクラ)で消化し、セイクラルチャクラで自分の一部としてパワーに変え、更にはハートで愛として昇華させ、その光を相手へ、自分自身の過去(「赦し」が起きる前の自分)へ、引いては世界へと放射する。

・・・きれいごとでまとめているのではなく(笑)

赦しのプロセス・・というと何やら文学的ですが、科学的にも、量子物理学的にも、

そのようなエネルギー変換が、現象や自分が見る世界を変えていくのであ〜る。

赦しの化学反応、エネルギー融合とは、自分自身だけではなく対する相手や現象をも癒してしまいます。未来を変えていく。

何かあった相手や出来事ではなく、そこで動いた自分の感情や思考の「毒」の要素を、自分で解毒する。そんな言い方も出来るかもしれません。自分の身体の中で濾過をします。相手や他者に、感情をぶつけているうちは、赦しは起きない。自分の身体の中で、濾過をします。透明な純粋な水になるまで。出来る時は、瞬間で出来るかもしれない。何年、いや何十年かかるかもしれない。

透明化がうまくいけば、赦しは成立します。

相手には、ピピピっと見えない信号が送られ、感情や思考や印象に不思議な変化が起きる。

そして自分の中には、自分が発したものを純化して自分に戻すので、第二チャクラを通じて活力が漲る。第三チャクラにあった思考や感情のもやもやが消え、軽くなっている。ハートは、その赦しのプロセスに使っただけの自分のエナジーに見合った愛の光で温まり、自分を癒し満たしても有り余る分は、周波数の高い愛として外に向けて放出される。

これを、現実生活の中の折々で繰り返していくと、現実は格段と変わります。

この、「透明化」を象徴するのが、青とピンクが混ざり合った先の、紫のスギライトの深みと高みであるように思っています。スギライトのエネルギー、私には白か透明に感じられます。または淡くゴールドの入った透明、でしょうか。この石がプロテクト効果があると言われるのは、それゆえではないかとも。色のない光、力ほど、強いもはない。何が侵入してきても、跳ね返し、あるいは呑み込んで消化してしまう。

今書いたような、いろいろなことが繋がった時、私はようやくこの石が「癒し」であり「保護」の力を持つことに、「なるほど!」とお腹から納得できた心地がしました。

今日は珍しく短いですが(笑)このくらいにします。
写真のスギライトたちが、十分に伝えてくれると信じて。


Love and Grace,
[PR]
# by energyandcrystal | 2013-06-05 10:31 | クリスタルのレシピ

スギライトの話−1 「広い愛」「深い愛」

b0271106_13313825.jpg


ピンクスギライトのスフィア。このタイトルで書こうと思って、写真を用意していたのが3月の終わり頃。なんと、二ヶ月前のこと・・光陰矢のごとし。

その頃の自分にとって、このテーマはベストなタイミング。逆に言えばだからこそ、書こうと思っていた。こちらのピンクと下の写真のリクトライト(青いスギライト)しか興味のなかった私が、現実の体験とインスピレーションの導きで、初めて、ようやく、「人並みに」(笑)スギライトらしい深い紫のスギライトに触れたい気持になり、寧ろ必要であると感じて、個人的に「スギライト祭り」を敢行(笑)。アカシアのお皿にスギライトの「盛り合わせ」を作り、自己満足に浸っていた。そう、そこには自分自身の中にあったものの燃焼と、移行、昇華、変質・・があった。それゆえの「紫のスギライト(新境地)」だった。

体験がリアルタイムだったその頃のようにはいかないとは思うけれど、記憶を辿りつつ、語ってみよう。

誰が決めたか、クリスタルの業界では「三大ヒーリングストーン」として、ラリマー、チャロアイトとともにスギライトの名前が上がっている。日本で発見され、杉石という和名がオリジン。もちろん一般的には、菫色をしたスギライトを誰もが思い浮かべる。そういえばあまりマットな石を愛でる習慣がないまま、透明のクオーツを中心に石人生を歩んで来た私。そのせいか、「三大ストーン」はどれも余り、触れることがない。ラリマも綺麗だな〜と思いつつも、実は私物として迎えたラリマーは過去に二度、人に譲っていて、手元に残ることがない。チャロアイトも然り。

スギライトは、一度だけ「凄い!」と思って暫し手元に置いていた時期がある。紫だけではなく、茶色や黒系の色が混じる姿をみて、当時エネルギーが来ていてワークに仕上ようとしていた高次エネルギーの「ヴァイアマス」を(ヴィジュアル的に)連想させたのをきっかけに。質のよいタンブルを幾つか仕入れ、ヴァイアマスチャージしてショップで紹介したこともあった。その頃、何気なく手にした時に強烈な、燃えるような強いエナジーを感じて驚いた。さすが「三大」ストーンに数えられる、人気のヒーリングストーン・・・でも、もしかするとヴァイアマスが介在しているお陰かもしれないと、その時期を過ぎるとやはり、何となく疎遠になった。

一方で、淡い色をしたピンクスギライトは非常に心ときめかされる。ひたむきに広がろう、拡げようとしている愛のエナジーが、ミストと光で放射されているように感じて、素直にその明るい優しさと暖かな愛の佇まいに、目を細める。胸に入り込んでくる、肯定的な育みと創造の力。うんうん、そうだよね、愛は無限だよね・・って、言ってあげたくなる。うんうんって、頷き、微笑みたくなる。

この人の性質をひとことで言うと・・・・・「広い愛」

いわゆる無条件の愛と言ってもいい。でも特定の誰かに対する無償の愛とはテーマが違い、世界人類のすべてを愛してしまうような、そうそう「博愛」という感じ。水瓶座生まれの「自称ヒューマニスト」の私、無理なくピンクスギライトに同調できるのはもっともかもしれない。

では・・・

同じく、昔から「この色ならいい。好き。」と思って大事にしてきた青のリクトライトは・・

b0271106_145526.jpg


このひとは何なのだろう。ピンクが「広い愛」。でも色によって全く印象が違う。

そんなことを考えごとしていたある日、現実では、良心という立ち位置から眺めれば「ひどい」「呆れるほど」「心に光は無いのか」と言いたくなるような人物との絡みを、もう既に過去になりつつあっても、まだ完全には切れていないために、振り返り考えていた。呑気なので普段あまり怒ることはないけれど、ひどく利己的な人や、理由もなく破壊的な人などを見ると、正義感(・・と言っていいのか)いくらか呆れたような怒りを覚えることが、数年に一度くらいのペースで発生する。

考えごと。ぼんやりとリクトライトを手にして眺めている時、その感情が一瞬、過っていった。魂の意図はさまざま、人の自由意志を損なってはいけない、堕ちていたい人はそれが学びであり目的なのだ、それを「裁断」する必要もなければ、悪い人だと評する必要もない。・・そんなことを、ニューエイジ思想では学ぶ。宇宙の自由意志の法則。堕ちるも、昇るも、その人の魂の自由な選択。他者の選択を、他者が良い悪いで計ることは出来ない・・・・・分かってはいる。でも、どうしても三次元の人間として生きて来た歴史の中から、道徳心のようなものが顔を擡げてくる。

「自由意志だ」と見送る、見流すつもりでいた事象が頭の中を通過していくとき、一瞬、グツグツっとお腹の中で感情が小さくうごめいた。これはもしかすると、赦し・・が出来ていないということではないかと、気づいてハっとした。自分が直接何かされた訳ではない、様子を客観的に見ていただけであっても、人間として許せないというような感情が、いつの間にか小さくお腹の中に。それと同時に、視界の中にあるリクトライトの妙なるブルーの揺らめきと深みが、急に訴えかけて来た。

「深い愛」

その言葉と、言葉とおりのものが青い柔らかなシルクのような肌触りで、私に寄せてきて、それから身体の深くへ・・胸からお腹へと入り込み下降していった。

「ああ、そうなんだ」

よく分からないけど、その青が滑り降りていく流動に撫でられた私の内側で、相手という存在をそのままーーいわゆる「あるがまま」ーー受容するという、特殊な心の振動が起きていた。ず〜んとおへその側と第二チャクラまで下って消えていったその流れと響きに、私はリクトライトの静かだけれど他には真似出来ない大胆な愛と包容力を知った。

そしてそれは、そのまま、スギライトという石の凄さであろうと、思った。

なぜなら、ピンクスギライトとリクトライト、その色が混じったものが深いパープルの(一般的な)スギライトであることに、ようやく気づいたのだった。

探し求めて、大きな原石をひとつ買った。それから、ピンクとブルーが混ざることでスギライトになっていく様子が見てとれるようなルースを、2つ。仕上には、完全にパープルの正統派スギライトのブレスを買って、締めくくった。スギライト祭り・・それらを全てひとつのお皿に盛りつけ、眺めて過ごす個人的イベントが、一ヶ月ほど続いた。

「広い愛」と 「深い愛」 その両方が混じり合い、統合されて新しいテーマへと導かれる。

それはまさしく「赦し」

赦しが苦手だった訳ではない。むしろ得意なほうだ。相手を憎まず腹を立てず、現象として捉え、自分の感情だけを自分の中で消化し昇華し、透明にしていくことは実践して来ている。それにより現実が劇的に良いほうへと変転していく体験も、人生の一部のように繰り返して来ている。

けれどスギライトの紫の中で、目をこらすと見えてくるピンクと青のそれぞれの愛が燃えて一つになっていく様は、それが体現する意味は、非常に奥深くて、細かな網の目も見逃さない。

広い愛で世界や現象を見つめる、認める。深い愛で相手を理解する、受け入れる。・・それらは出来ていても、どこか他人行儀。個人主義で我が道を行くという性格ゆえかもしれない。統合した愛が赦しの炎となって変質出来たとき、私はそれを自分の一部としてもう一度愛するということを、していなかったかもしれない。博愛と深愛で受け入れた相手や世界を、「ではお元気で」と爽やかに切り離すのは得意だった。でもその変質させた愛に、「頼ってはいけない」とどこかで思っていた。せっかく昇華させた光のごちそうを、受け取らずにいつも歩き出していた。

ああ、もっと受け取っていいんだ。自分が変容させて熟成させたものを、誰かに使ってもらうべくいつもその場に置いて次の旅に出る、そんな感じだった。だから、スギライトの紫に頼る気持ちにならなかったらしい。私は、広い愛と深い愛を持っている。だから大丈夫。って、「三大ヒーリングストーン」のひとつから受け取れる恩恵を、欲しがらなかった。

愛のストーリーは、青とピンクの先で紫に深まっていく世界を、堪能していいのだということを、初めて知った気がする。なるほどなんてパワフルな、燃える紫の力なんだろう。これに頼ってもいいんだ。導いてもらってもいいんだ、自分の愛だけをたよりに問題を解決させ、去っていくばかりではなく。

そしてようやく仲良しになった、パープルのスギライトの話は、また「その2」につづく。。。笑


Love and Grace,
[PR]
# by energyandcrystal | 2013-05-30 14:09 | クリスタルのレシピ

時間とお金の感覚が弱い人へのレシピ

b0271106_0455068.jpg


ガーネットだんご・・と呼んでいる、直径4センチほどの玉状の、まるまるガーネット原石。グラウンディング、現実力を、ソウルの高いレベルへまっすぐに繋げてくれる印象のあるガーネット。その意味で、単に「地に足をつけて」とか、「ふわふわしない」などの、地球との接続コード的なグラウンディングではなくて、より鋭く・・思考、マインドに上のほうでカチっとプラグインするような「上下のグラウンディング」を促進してくれるように思っている。

なので、だいぶ昔に当時ブレーク?していた「アバンダンティアアバンダンスレイ」を受けた時、そして以後の数年自分のサロンでも同ワークをメニューに入れている間、ガーネットをそのイメージストーンに据えていました。小さなガーネットのタンブルにアバンダンティアのチャージをして、ショップに出していたこともあったっけ。

さて。
今日はそれと似たお話ですが、石ではなくエネルギーのお話。

時間の感覚が弱い・ゆるい、時間と仲良く出来ずいつもギリギリになる、或はいつも時間が足りなくなってしまう、という人へのレシピ。

まさに、そのテーマを内包しているチャクラがあります。これは私が身を以て自分へのワークとして発見したものです。じつは・・・よくヒーリングの世界で、「ここにも小さなチャクラがありますよ」と言われる足の裏。両足の裏に、小さなチャクラが渦巻いているのをイメージしてみて下さい。

私はそのチャクラのことを考えると、それだけで両足でグルグルいい始めます(笑)・・個人差はありますが、そのチャクラを意識するだけでまずは活性します。次の段階としては、ゆっくり深い呼吸をして、足の裏に呼吸によるプラーナ(宇宙エネルギーの素粒子)を送り込んで下さい。

それが、足裏のチャクラに更に活力を与えます。

大事なのは、意識したり或はプラーナを送り込んだ時、両方の足裏チャクラが同じように元気よく回転すること。人によっては、その存在感が感じられないかもしれない。片方だけ感じるがもう片方は感じないというケースもあるでしょう。または元気の良さが違う、とか、片側には痛みが発生する、など人それぞれと思いますが、それは自分を見つめて発見する材料になります。

理由は分からないけれど、足裏のチャクラは地球の三次元の時間という概念システムと繋がっているようです。そう、時間は本当ならば錯覚のようなもので、皆が「そうだ」と思い込んでいるだけ。その点ではお金や経済も同じですが。

本当は上級・・超上級編として、最終的には自分の意識の奥の奥から素粒子の流れを変えることで、時間やお金という錯覚を越えていくことが出来る訳ですが、それは色々な段階を経て意識が十分に準備をしてからこそ出来るワザなので、(ハイ、私もまだ完璧には出来ません)

この三次元地球(既に4次元、或は5次元へ向かっているとはいわれますが、まあ言葉の慣習として三次元といっておきます)に、生身のヒトとして生きていて、幻想のピースたちに囲まれて生きている私たちには、まずは・・上級の奥義ではなく手軽に出来るレシピが必要。

そんな訳で、意識の力で錬金術、ではなくまずは・・足裏のチャクラを可愛がってあげましょう。実際の物理的な足の裏も、もちろんいつも大事に、健康に、清潔に保つようにして下さい。アロママッサージなどを難しく考えずに自分で、日常的にやるのも良いでしょう。物理的に良い状態を作るよう心がけつつ、

エネルギー&イメージワークです。レイキ等のエネルギーワークを使える人は足裏にあるミニチャクラにシンボルやエナジーを当てて下さい。イメージ力の強い人は、足裏で勢い良く回る車輪のようなエナジーの渦をイメージして下さい。これだけでも効果がありますが、

プラスアルファ、
そこで生まれた活性されたエナジーが、一つの光の筋となってスコーンと上に抜けていくイメージを。その時、足からルート(会陰)チャクラを経て、中心軸(プラーナ管)を一気に駆け抜けて頭のまん中にある松果体を突き抜けてクラウンから更に一つ上のソウルスターチャクラまでぶつけます。

ぜひ、やってみて下さい。何と言うか、急に「我に還った」ような明晰さ、すっきり感、現実感覚がやって来ませんか?これ、よくいう「今ここ」というものです。浮遊しがちなマインドや感情が一気に、自分の身体とマインドのまん中でビシっと整列する感じ。

これが、「時間」という三次元地球にしかけられた魔法のような思い込みのようなシステムに対して、貴方を強く、鋭く、してくれます。

では・・・同じようにお金という幻想システムへのレシピを、考えてみましょう。

もう、お気づきと思いますが、お金に関連するのは「手のひら」チャクラです。

両手も、上記の方法と同じようにして、健康健全なよい状態を保ちつつ、手のひらの中央にあるミニチャクラをイメージしたり、レイキをかけたり、イメージ法で更に活性してください。この場合、両手で活性した光を腕から身体の中心のプラーナ管に持っていったら、上にも下にも、送り込んで下さい。胸の前で両手を組んで(クリスチャンのお祈りの姿勢)、頭の中心(松果体=意識センター)と、両手とそれが置かれているハート、そして両足の裏チャクラ・・の、三位一体を結ぶというワークも良いでしょう。

大事なのは普段からそれらのチャクラと、エナジーの流れの健全さが保たれていることで、特にお金に関しては、困った時に急にやってすぐに結果が出るというものでもなく、日頃から「現実感覚」を定着させていくために、チャクラの概念とケアによる効能をお役立てくださいね。

色んな応用篇が考えられます(この題名で続編をまたやりましょう☆)が・・・

今日はこのくらいで。
ぜひ、お試しください。

 Love and Grace,

Amari

・・ついしん・・

*ガーネットのお団子は、ショップでご紹介中です
(3点あります)
http://www.lumiereblanche.net/crystal/1207garnet102.html
[PR]
# by energyandcrystal | 2013-04-11 01:34 | エネルギーの処方箋


エナジーワーカーが綴る、エネルギーワークとクリスタルのある毎日。=ナチュラル&スピリチュアルなHappy Days の作り方。


by energyandcrystal by Amari

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
エネルギーの処方箋
クリスタルのレシピ
自然食&自然療法
母娘(おやこ)エネクリ
想い・思考・つれづれ

以前の記事

2015年 07月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月

最新の記事

高次(光)とは取引できない
at 2015-07-25 09:27
祈り。それは私なりに・・委ね..
at 2015-07-11 08:33
男性性は「設定」次第?
at 2015-03-30 10:16
専門家(プロ)・一流・聖人(..
at 2015-02-03 17:57
サイキックとヒーリングをめぐ..
at 2015-01-15 00:38
太陽の力、そしてバランス。
at 2014-12-31 09:22
ゴールドがまぶしい
at 2014-11-18 23:54
独りで生きなさい
at 2014-11-05 15:27
二つの性という難しさと、それ..
at 2014-09-30 21:52
天空のブルーは、『自己責任』..
at 2014-08-18 22:33
美味しい時間
at 2014-07-23 04:56
かめばかむほど/宇宙びとのブ..
at 2014-07-11 17:19
ユーディアライトの話
at 2014-04-29 11:06
調整期のチャージに☆ベランダ..
at 2014-02-26 00:21
when you feel ..
at 2013-12-31 18:37
上にあるものは下にも。内にあ..
at 2013-11-20 17:01
サイキックアタックの正体。
at 2013-07-02 01:58
スギライトの話−2「赦し」そ..
at 2013-06-05 10:31
スギライトの話−1 「広い愛..
at 2013-05-30 14:09
時間とお金の感覚が弱い人への..
at 2013-04-11 01:34

検索

フォロー中のブログ

ブログジャンル

スピリチュアル

ライフログ














ファン

画像一覧

その他のジャンル